欧米で感染再拡大の中、ディフェンシブな配当銘柄!

f:id:US-Stocks:20201129164146j:plain

 

タイトルの通りですが、モトリーフールの記事に

『欧米で感染再拡大の中、ディフェンシブな配当銘柄5選』というのが

あったので、紹介したいと思います

 

過去25年以上増配を継続した配当貴族を3銘柄と配当貴族ではないものの

ファンダメンタルズが良好な2銘柄を紹介しています

 

1. ペプシコ(PEP)

コロナでロックダウンするまで、2017年以降毎四半期増収を継続しています

 

1969年以降のチャート

 

f:id:US-Stocks:20201129165212j:plain

ペプシコは48年連続で増配していて今後も継続して増配していくことを

期待されています

配当利回り2.83%

 

2. チャブ(CB)

チャブは世界最大の上場損害保険会社であり、生保や医療保険なども提供しています

 

1994年以降のチャート

f:id:US-Stocks:20201129165643j:plain

 

保険事業の多角化により、安定した業績を上げていて27年連続で増配をしています

配当利回り 2.04%

 

3. コンソリデーテッド エジソン(ED)

コンソリデーテッド エジソンは約50年にわたって、毎四半期に配当を支払い

毎年増配をしています

 

1969年以降のチャート

 

f:id:US-Stocks:20201129170105j:plain

 

配当利回り 3.89%

 

4. ギリアド サイエンシズ(GILD)

ギリアド サイエンシズは株価収益率PERは9倍で、

同業のJNJは16倍と比較しても安い水準にあります

 

1993年以降のチャート

 

f:id:US-Stocks:20201129170553j:plain

 

配当利回り 4.57%

 

5. クラフト ハインツ(KHC)

クラフトハインツは、同業のゼネラル ミルズのPER17倍に比べ

12倍と割安です

 

2015年以降のチャート

 

f:id:US-Stocks:20201129170900j:plain

 

内部売上成長率は、前年同期比7.4%増で、売上は前年同期比3.8%増の66億ドルでした

配当利回り 4.91%