中国に投資をしたいなら バンガードvsブラックロック

f:id:US-Stocks:20201206163554j:plain

 

us-stocksのポートフォリオはアメリカに偏り過ぎています

 

今後5~10年ならまだアメリカの株式市場が強いと思います

しかし、長期(20~30年)で考えると、アメリカ1強である可能性に賭けるには

ちょっと期間が長過ぎてわかりません

そこで中国に投資するために、バンガード社のETFであるVWO エマージングマーケットETFとブラックロック社のEEM エマージングマーケットETFを比較してみました

 

まずはus-stocksが長期保有で1番大事だと思っている経費率です

 

VWO 0.1%

EEM  0.68%と圧倒的にバンガード社の方が低経費率です

この0.58%の差は長期になればなるほど、大きいものになってきますね

 

次は中国がどの程度含まれているかです

 

VWO 46.1%

EEM   39.75%となりました

 

ちなみに構成銘柄上位5位は

VWO

  1. 中国 46.1%
  2. 台湾 15.9%
  3. インド 10.2%
  4. ブラジル 4.9%
  5. 南アフリカ 3.8%

EEM

  1. 中国 39.75%
  2. 韓国 12.88%
  3. 台湾 12.41%
  4. インド 8.95%
  5. ブラジル 5.05%となっています

EEMの方にだけ韓国が12.88%入っています

かなりの割合ですね

 

次は配当金込みの2004年からの長期チャートです

 

f:id:US-Stocks:20201206164929j:plain

これは意外でした

EEMが大きくVWOを上回っています

トータルリターンが2倍以上も違います

 

2011年からのチャートではほぼ変わりませんが

f:id:US-Stocks:20201206165143j:plain

 

この内容だとやっぱりVWOがいいと思います