ヨーロッパに投資したいなら バンガードvsブラックロック

f:id:US-Stocks:20201206195854j:plain

 

us-stocksのポートフォリオはアメリカに偏り過ぎています

 

今後5~10年ならまだアメリカの株式市場が強いと思います

しかし、長期(20~30年)で考えると、アメリカ1強である可能性に賭けるには

ちょっと期間が長過ぎてわかりません

そこで中国ヨーロッパにも分散させて投資するため、

バンガード社のETFであるVGK ヨーロッパETFとブラックロック社の

IEV ヨーロッパETFを比較してみました

 

まずはus-stocksが長期保有で1番大事だと思っている経費率です

VGK  0.08%

IEV    0.59%と圧倒的にバンガード社の方が低経費率です

この0.51%の差は長期保有になればなるほど、大きいものになっていきますね

 

次はヨーロッパETFの内訳です

VGK

  1. 英国 23.0%
  2. スイス 15.5%
  3. フランス 15.3%
  4. ドイツ 14.3%
  5. オランダ 6.9%

IEV

  1. 英国 23.52%
  2. フランス 17.67%
  3. スイス 15.61%
  4. ドイツ 14.26%
  5. オランダ 6.14%となっています

そんなに差は感じないですね

 

次に2005年からの配当金込みの長期チャートです

 

f:id:US-Stocks:20201206200806j:plain

 

トータルリターンもボラティリティもほぼ一緒ですね

 

この内容だと経費率が断然低いバンガード社のVGKがいいと思います