米国、ファイザーと追加契約できず・・・

f:id:US-Stocks:20201215134013j:plain

 

14日、ついにアメリカで新型コロナワクチンの接種が始まりましたね

米国製薬会社ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したワクチンで

初回出荷量300万回分(150万名分)が全米50州に到着しました

 

そして保健福祉省のアレックス・アザール長官は11日、CBSのニュースで今月末までに

2000万人にワクチンを接種する計画だと明かし、

1月末までの累計ワクチン接種者は5000万人、

2月末までは1億人に達したいと話しました

 

しかし、3月以降はワクチン追加確保が不透明

米政府はファイザーとワクチン追加購入契約を

まだ結んでいないとニューヨークタイムズが報じました

 

ファイザーは7月と10月、11月に3回にわたって政府にワクチン追加購入を提案したが

全て拒否されたとNYTは伝えました

 

NYTの記者は3月から6月にワクチン空白期が生まれると予想しています