VPN Global X データセンターリート&デジタルインフラETFを調べてみました

f:id:US-Stocks:20210213170326j:plain

 

このETFはグローバルX社から2020年10月27日に作られました

経費率は0.50%で、ティッカーシンボルはVPNです

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

ファンド概要

データセンターリートやその他の通信ネットワークの成長を支えるデジタルインフラを

運営する企業への投資をしています

5Gや6Gといったデジタルインフラへの投資は今後も大きくなるので

データセンターへの投資はグロースバリュー株ではないでしょうか

 

セクター別構成

1. 不動産 66.09%

2. IT  26.95%

3.  通信サービス 6.96%

 

国別構成

1. アメリカ 76.08%

2. 中国 11.75%

3. オーストラリア 4.51%

4. シンガポール 3.01%

5. インドネシア 2.57%

6. 台湾 1.53%

7. 香港 0.55%となっています

 

組入上位10銘柄

上位10銘柄は以下のようになっています

そして、調べてみた結果10銘柄中8銘柄は楽天証券で個別銘柄としては変えません

 

銘柄名(ティッカー)

比率

楽天証券

1.クラウン キャッスル(CCI)

11.96%

×

2.アメリカンタワー(AMT)

11.86%

×

3.エクイニクス(EQIX)

11.73%

×

4.デジタル リアルティ トラスト(DLR)

9.19%

×

5.GDS HD(GDS)

4.68%

6.サイラスワン(CONE)

4.40%

×

7.コアサイト リアルティー(COR)

4.36%

×

8.中国鉄塔(788 HK)

4.22%

9.SBA コミュニケーションズ(SBAC)

4.22%

×

10.ネクストDC(NXT)

3.71%

×

 

また上位ではありませんが、ウエスタンデジタル(WDC)に2.421%、

エヌビディア(NVDA)に2.112%、マイクロンテクノロジー(MU)に2.029%、

アドバンスド マイクロデバイス(AMD)に1.891%保有しています

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

上場後、まだ3ヶ月ちょっとしか経っていないETFで、上場来では10%の上昇と

なっています

f:id:US-Stocks:20210213165544j:plain

 

 

us-stocksの100年安心ポートフォリオには入っていない銘柄が多いので

VPN データセンターリート&デジタルインフラETFは分散にはありだと思いますし、

今後も成長が期待できる銘柄ではないかと思います

 

f:id:US-Stocks:20210131192105j:plain