S&P500の上昇局面で売却を検討する前に読んで欲しい❗️

f:id:US-Stocks:20210425174324j:plain

 

今年に入ってS&P500は11%上昇しています

投資初心者ほど下落を恐れ一時売却を検討してしまうのではないでしょうか

しかし、チャールズ・エリスは「敗者のゲーム」の中で市場のタイミングに

賭けるべきではないと言っています

 

下のグラフは 1980年から2008年までの28年間のデータで、

もっとも上昇した日の前に売ってしまった場合との比較を示しています

 

まずはグラフの1番左、S&P500を28年間ホールドした場合の年間収益率は11.1%でした

そして、左から2番目がこの28年間の間でもっとも上昇したベストな日10日間を

逃した場合の年間収益率は8.6%です

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

また上昇局面のベスト30日を逃した場合はなんと5.5%となり、

ガチホしつずけた場合に比べ、年間収益率は5.6%も減少してしまいます

いかにS&P500を売らずに、上昇をとっていくことが

f:id:US-Stocks:20210425175730j:plain

 

もう1つの下のグラフは、1928年に1ドル投資した場合の累積資産額と

特定の上げ相場を逃した場合のグラフです

まずは1番左ですね

これは1928年に1ドル投資し、2000年までガチホした場合なんと資産額は

16991ドルとなっているのに対し、1番右の1933年、1935年、1954年の上げ相場を

逃した場合はなんと4912ドルになっています

3倍以上の差になっています

f:id:US-Stocks:20210425180924p:plain

 

この差は大きいですね

なかなか売ってしまった後にS&P500が大きな上げ相場になって、

損をしてしまうという考え方は頭の中にはなかったです

世界1強いS&P500指数は迷わずガチホし、大きな上げ相場を取っていきましょう❗️