雇用統計前からの騰落率を比較 & 今晩の米国時間外先物❗️

f:id:US-Stocks:20210809183753j:plain

昨日までの1週間での米国の新規感染者数は65万8115人となりました

確実に指数関数的に増えています

 

さて先週は雇用統計が良く、近くテーパリングが開始されるとの観測から(金利は上昇)

金・銀・プラチナ・原油と色々なコモディティが売られました

 

米国株投資家として日が浅いus-stocksはテーパリングも利上げも経験がありません

そこで何が現時点で(短期で)売られたか見てみました

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

比較したのは金・銀・プラチナ・原油です

下のチャートは8月2日の月曜から9日(今日の)米国株式市場開始前までのものです

 

意外なことにゴールドが1番下がっているのかと思っていましたが、

1番下落率は低くー4.06%でした

次が銀でー6.35%

その次がプラチナでー7.55%

1番売られたのは原油でー11.33%でした

 

プラチナと原油が売られた理由は他にもありそうですね

先週末で潮目が変わり、今後1年くらいはコモディティ市場にとって

厳しい相場になるのですかね?

良くわかりません

 

f:id:US-Stocks:20210809184631j:plain

 

 

時間外先物市場

(18時54分現在)

米国主要3指数も少し下がっていますが、この位なら問題ありません

気にするレベルではないです

 

米国の新型コロナ感染再拡大を受けて、原油+コモディティには

引き続き警戒が必要ですね

f:id:US-Stocks:20210809185200j:plain

 

 

中国 経済指標

7月 消費者物価指数 CPI (前年同月比)

予想0.8%に対し、結果1.0%でした(前回1.1%)

 

7月 生産者物価指数 PPI (前年同月比)

予想8.8%に対し、結果9.0%でした(前回8.8%)

f:id:US-Stocks:20210809185920j:plain

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

中国国内での新型コロナ感染再拡大が懸念される中、

消費や旅行に制限がかかっていて、中国経済の成長率が勢いを失っているそうです。

そして、ロックダウンによって一時的にインフレ圧力強まることが

懸念されています