確実に❗️次のマイクロソフト、アマゾンを探し出す方法

f:id:US-Stocks:20210812165337j:plain

こんにちは、台風やばいですね 気象情報を見ながら早めに行動しましょう

 

今日はジェームズ・スキナー氏の著「寝ながら稼ぐ」を読んで、

us-stocksにはない考え方で、

市場について述べていたので紹介したいと思います

 

books.rakuten.co.jp

 

氏の本の中で

「次のマイクロソフト、アマゾン、アップルを探し出す確実な方法」という、

項目がありました

あるかいな!と思ったのですが読んでみたら、そういう考え方は

自分には無いなと思った内容でした

ご紹介します

 

(例 1)

まず、政府が初期のコンピューターを使い始めたのが世界大戦の時でした

そして、時が経ち企業がコンピューターを広く利用できるようになれるまでには、

かなりの時間が経ってからの1960年代でした

 

(例 2)

米国では1970年代から電気自動車に対しての研究、製造などを行なっていたが、

電気自動車が消費者の間にまで浸透したのは2010年以降でした

 

例1と2で何が言いたいのかと言えば、新しい技術に投資をするということは

リターンが見込めるまでにかなりの年数がかかっていて、

リスクが極めて大きいと言っています

 

確かにそうだと思います

研究室で発見され実用化されるまでには20~30年が必要ですし、

その時に市場の要望に合えば一気に普及します

 

氏は「ここがチャンス」だと、言っています

 

1. 市場にその製品が10%未満→まだその製品が本当に普及するか分からない

2. 市場浸透率が10%に達した→見込みが大きいので、その時点での

 「その製品のマーケット・リーダーの株を買う」といいと言っています

 

一般大衆の10%の人が自動車を持った時のマーケット・リーダーは

F フォード

 

10%の企業がコンピューターを導入したときのマーケット・リーダーは

IBM

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

10%の人がインターネットで買い物をする様になったときのマーケット・リーダーは

AMZN アマゾンでした

 

そして市場におけるシェアが80%になったら売却し、

次の銘柄を探し始めるのがいいと言っています

 

凄い考え方ですね

us-stocksの頭にはありませんでした

まずは次の新しい技術のマーケット・リーダーを探すところからですかね

 

あ、ちなみに昨日の米国新規感染者数が久しぶりに14万人となりました

10万人から一気に増え、前日比で+42.8%増です

f:id:US-Stocks:20210812173641j:plain