ジェレミー・シーゲル氏「5%の調整が来てもおかしくない ! 」

f:id:US-Stocks:20210913082136j:plain

おはようございます 今週もよろしくお願いします

 

久しぶりにバンガード社のセクター別ETFを見比べてみました

約9ヶ月での年初来では、全てがプラスですね

ま、時期がいいのかと思いますが、やっぱりバンガード社のETFは

低コストでしっかり利益が出せる素晴らしいETFをたくさん持っています

 

年初来チャート

f:id:US-Stocks:20210913084454j:plain

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

この中で何を買ったらいいのかは、人それぞれだと思いますが

us-stocksはやっぱりVTI(トータル・ストックマーケットETF)がいいと思います

 

VTIは3935銘柄に分散されている為のメリットとして、

セクター別にみられる季節感による上げや下げが分散されていることが挙げられます

その分マイナスな面もあるとは思いますが。

 

 

3ヶ月チャート

 

f:id:US-Stocks:20210913085310j:plain

 

景気に敏感な中・小型株と素材株がここ3ヶ月では少し下落しています

ずっと上がり続けている相場ですから、一旦どこかで調整があってもおかしくないですね

 

来週のFOMCまではまだ、上昇が続いてもおかしくないですし

米国の経済指標次第ですね

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

また、ジェレミー・シーゲル氏は今週火曜日に発表されるCPIの結果次第では、

FOMCを震え上がらせ、22日にはFRBがテーパリングの是非を判断すると

述べいますし、インフレが長く続くようなら5%程度の調整がいつ起きても

おかしくないとも述べていました