アジアが気になったので比較してみました

f:id:US-Stocks:20210206203115j:plain

 

SPDR スパイダー新興国株式ETF(ティッカーシンボル SPEM)が気になったので

バンガード社の2805 バンガード アジアETFと比べてみました

 

まずは経費率です

スパイダー新興国株式ETF SPEM 0.11%

バンガード アジアETF  0.2%と、まさかのバンガード社が負けています

なかなか低経費率のバンガード社がこんな結果になることはなかなかありません

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

次に2013年以降の長期チャートです

 

f:id:US-Stocks:20210206203704j:plain

ほとんど同じような動きです

これならどっち買ってもいい感じですね

 

株式構成銘柄数

SPEM 2592銘柄

2805 1268銘柄になっています

 

国別組入比率です

まずはSPEM スパイダー新興国株式ETFです

 

f:id:US-Stocks:20210206203934j:plain

 

次に2805 バンガード アジアETFです

f:id:US-Stocks:20210206204200j:plain

 

SPEMが30カ国に分散しているのに対し、バンガード アジアETFは10カ国に

分散しています

1番大きな違いはバンガード アジアETFには韓国が14.9%入っているのに対し、

SPEMには韓国が入っていないところです

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

保有銘柄上位

SPEM

  1. テンセント 6.23%
  2. アリババ 5.61%
  3. 台湾セミコンダクター 4.85%
  4. Meituan 2.47%
  5. Naspers Limited 1.18%
  6. リライアンス インダストリーズ 0.97%
  7. JD 0.97%
  8. 中国建設銀行 0.85%
  9. NIO 0.84%
  10. バイドゥ 0.80%となっています

一方バンガード アジアETFは

  1. 台湾セミコンダクター 6.34%
  2. テンセント 5.82%
  3. アリババ 5.72%
  4. サムスン 4.60%
  5. AIA 2.06%
  6. Meituan 1.90%
  7. リライアンス インダストリーズ 1.17%
  8. 中国平安保険 1.07%
  9. サムスン 1.06%
  10. JD 1.06%となっています

大きな違いは韓国のサムスンがバンガード アジアETFに含まれいてるところですね

他は順位は違えど、ほぼ同じ銘柄が上位10位銘柄に入っています

 

次にセクター別構成比率です

まずはSPEMです

f:id:US-Stocks:20210206210009j:plain

次に2805です

f:id:US-Stocks:20210206210118j:plain

セクター別には大差はないですね

 

まとめ

長期チャートの値動き、構成銘柄数、セクター別構成比率に差はありませんでした

大きな違う点は2つありました

まず1つ目は経費率です

SPEMが0.11%に対し、バンガード アジアETFは0.2%とSPEMの方が低経費率でした

低経費率好きなus-stocksにはSPEM 新興国株式ETFの0.11%が気になりました

 

2つ目がSPEMには韓国が入っていなく、バンガード アジアETFには

韓国が14.9%も組み入れられているということです

よってこの2つのETFで迷ったら、韓国を入れるか入れないかで判断できるのでは

ないかと思いました

 

us-stocksは100年安心ポートフォリオとNISAで2805 アジアETFを買っているので

NISAを2805 アジアETFからSPEMに変えてもいいかもしれないと思いました