年金18兆円損失+年金改正法案(怒)

こんにちは、US-Stocksです

今日はコロナで自粛が続いている中で年金改正法案が衆院を通過したという話について

意見を書きたいと思います

 

 

 

まず、US-Stocksは本当に憂慮していて、将来について不安が増幅しました

 マネーポストの記事をもとに書かせて頂きます

 

 

 

お名前.com

 

コロナ禍による経済活動の縮小は、日本企業全体に大きな打撃を与え、 現役世代の収入への影響は必至である。 だが現在の年金受給世代さらに今後受給する世代も無縁とはいかなくなる

 

コロナ・ショックによる株価暴落で国民の“虎の子”である年金資金は大きく減りました 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は今年1~3月だけで約18兆円の損失を出し、 昨年の株価上昇による利益をすべて吐き出したうえ、 昨年度(今年3月期)の運用実績は8兆円を超える赤字になったと試算されています

us-stocks.hateblo.jp

 

お名前.com

なおも年金危機は続いています 政府は2014年に年金積立金の運用方針を見直し、「安全確実」な運用から株式投資を増やして ハイリスク・ハイリターン投資に転換しました しかしIMF国際通貨基金)は新型コロナの感染拡大で世界経済は大恐慌以来の景気後退になると予測し、 株式市場は不安定さを増しています

このまま年金の金を“ギャンブル”に投じ続ければ、 国民は老後資金を根こそぎ失うことになりかねない

コロナ危機の発生前、国民は「年金だけでは老後資金2000万円不足」という金融庁資料に驚き 不安を募らせたが年金の運用失敗は不足額が2000万円どころではなくなることを意味している

非常に憂慮するに値します

そうした中厚生労働省はコロナが拡大していた今年3月に年金制度改正法案を国会に提出し、 まともな議論がないまま5月12日には共産党を除く与野党の賛成で衆院を通過、 今国会での成立が確実となった。

 年金改正法案は具体的には、【1】パートなど短時間労働者の厚生年金の適用拡大、

【2】在職老齢年金の支給停止基準の緩和、【3】年金繰り下げの年齢上限を75歳に引き上げの3つの柱が盛り込まれている

財政規律ばかりを考えこのコロナ禍でも真水のお金を出し渋る財務省や、

この年金改正法を進める厚労省は本当に日本という国のことを真剣に議論しているのだろうか?

悪いことばっかりに頭を使うんじゃなく、その頭の良さを日本のためにいい方向に使っては

もらえないだろうか?

f:id:US-Stocks:20200525200254j:plain


 

 

現在は参院厚生労働委員会で審議中だがここでも与野党議員の質問は「アベノマスク」や「給付金」 などコロナ対策に集中し、年金法案の掘り下げた議論は全く行なわれていないらしい

 

いま国会で議論しなければならないのは将来の年金見通しを修正して国民に説明することでしょう

それなのにコロナのドサクサでまともに議論されないまま場当たり的に制度改正だけ行なわれようとしている

本当にこんな事でいいのだろうか?

年金法案という国民生活を左右する重要法案の審議をコロナ対応と同じ委員会で 審議していることこそ厚労省がコロナ感染拡大と同時進行する年金危機から 国民と政治家の目をそむけさせたいからに他ならない。 

 

 

このブログが少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです

頑張りましょー

応援クリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村