長期投資だけでは失敗する❗️必要なのは….

f:id:US-Stocks:20210820141353j:plain

星野 泰平氏の著 積み立て投資のススメ方を参考にさせていただきました

 

かなり分かりやすい上に、詳しく説明されています

books.rakuten.co.jp

 

そして今回は長期投資だけでは失敗する 必要なのは...と書きました

その理由をいくつか書いていきます

 

1. 積み立て投資は回復力がある投資法である

まず前提条件として積立投資とは、長期にわたり株価が上がっても下がっても

買い増していく投資法だということを念頭におき、

 

長期投資で、ドルコスト平均法で買っていることもあり

「損の期間を短くしてくれる効果があるそうです」

 

下の写真のように、毎月1万円ずつ 10年間投資した場合投資累計額は

120万円になります

グラフのようなな動きをし、10年後に株価が半値になったとしても投資した120万円は

約139万円になっているそうです

そうなんです 長期に積み立て投資をすることによって

損の期間を短くしてくれ、回復を早めてくれます

 

f:id:US-Stocks:20210820143029j:plain

 

VTIやVTなどのインデックス投資を長期積み立てで頑張れば、

機関投資家にも負けないパフォーマンスを出すことができるのは

こんな理由もあります

 

2. 短期的悲観と長期的楽観

短期的楽観とは「下がるかもしれない」とか、「損をするのは嫌だ」という

考え方ですね

ある程度、楽観的な人でも短期では値下がりに怖さや不安を感じながら

投資をしているものです

 

長期的楽観とは「長期で保有すれば損はしない」とか、

「上がる時もあれば、下がる時もある」とゆっくり待てるような方のことです

 

長期投資にはどちらが大切かは一目瞭然で、目先の株価に一喜一憂せずに

淡々と長期積み立てを行なっている人の方が長期積み立てには

向いています

 

3. まとめ

長期投資だけではなく、積み立てを長期で続けることが必要で

下がっても気にすることなく株価の回復を待ち、

長期的楽観思考を常に持ち、持続できることが大切です

 

 

 

本当にそうですよね

たまに株価が大きく下落してしまう局面では、冷静さを保つのは

とても容易ではないですもんね

そんな時も積み立て長期投資の大切さを思い出し、

継続していかなければなりません