決定版! 高配当 SPYD vs DIV 比較

今日はSPDRのSPYDGlobal XのDIVを比較していこうと思っています

f:id:US-Stocks:20200613235022j:plain

 

目次

 

 

比較

 配当&経費率&配当ー経費率 

SPYDの配当が6,4%、経費率が0,07、配当ー経費率が6,33%です

DIVの 配当が11,55%、経費率が0,46、配当ー経費率が11,09%です

 

構成銘柄上位10種

SPYD

ギリアドサイエンシズ GILD 2,32%

ゼネラルミルズ GIS 2,24%

アッビィ abbv 2,21%

クラウンキャッスルインターナショナル CCI 2,19%

デジタルリアリティトラスト DLR 2.12%

クラフトハインツ KHC 2.09%

ドミニオンエナジー D 1.98%

カーディナルヘルス CAH 1,96%

ベライゾンコミュニケーションズ VZ 1.87%

Amcor 1,87%

 

DIV

B&Dフード 4.86%

ゼネラルミルズ GIS 3.62%

ベライゾン V 3.43%

クラフトハインツ KHC 3.4%

エニス EBF 23.31%

ユニバーサル UVV3.28% 

アルトリア MO 3.15%

フィリップモリス PM 3.09%

ドミニオンエナジー D 3%

デュークエナジー  DUK 2.96%

 

 です。SPYDの上位は製薬会社が多いですね

DIVはタバコとエネルギーが多いです

 

楽水ウォーターサーバー

水道直結型のウォーターサーバーです

セクター内訳

 SPYD

f:id:US-Stocks:20200614002059j:plain



 

DIV

f:id:US-Stocks:20200614000128j:plain

SPYDの不動産の割合が17,41%に対しDIVは13,11%

SPYDの生活必需品の割合が10,93%に対しDIVは23,07%

金融の割合は15,14%に対し2,17%と低金利時代の今は金融に依存していない

DIVに分があります 

MLPs、エネルギー、コミュニケーションサービスの割合はほぼ同じです

 

6ヶ月&5年チャート比較

SPYD 

f:id:US-Stocks:20200614003956j:plain


 

f:id:US-Stocks:20200614003735p:plain

 

DIV 

f:id:US-Stocks:20200614004137j:plain

f:id:US-Stocks:20200614004223j:plain

6ヶ月チャートで比較するとコロナ禍での下落率はSPYDが81%の下落

                   DIVが50%の下落でした

5年チャートを比較するとSPYDは42%上昇しているのに対しDIVは動いていません

 

まとめ

配当で見るとSPYDが6,4% DIVが11,55%とDIVの圧勝です

 

構成銘柄上位10種をみるとSPYDの上位は製薬会社が多く

DIVはタバコとエネルギーが多いです

甲乙つけ難いのではないでしょうか?

 

セクターの内訳ではSPYDの方が不動産の割合が高く

SPYDの生活必需品の割合が10,93%に対しDIVは23,07%

金融の割合は15,14%に対し2,17%と低金利時代の今は金融に依存していない

DIVに分があります 

MLPs、エネルギー、コミュニケーションサービスの割合はほぼ同じです

 

チャートで見ると双方ともボラティリティーは低い

よってus-stocks的にはSPYDでなくDIVがいいと思います

 

 

他にご意見、ご感想があればぜひ教えてください

 

 高配当リート IYR vs SRETの比較もしてます♫

www.us-stocks.space

 

 

  簡単に合鍵が作れます