バリュー株ETFへの投資は必要か?調べてみました

f:id:US-Stocks:20210210225107j:plain

 

最近巷で話題のバリュー株(割安株)への投資は必要か調べてみました

 

比べてみたのはVOO(S&P500)、VOOG(S&P500 グロース)、VOOV(S&P500 バリュー)を

比較しました

 

比較したのは2018年末の暴落とコロナショック時にどれだけ暴落したのか

(バリュー株は暴落への耐性はあったのかを調べてみました)

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

まずはVOOです

チャートを見ると以下のようになっていて

2018年末は257ドルから215ドルまで下落しました(19.5%)

コロナ禍 310ドルから205ドルまで下げました(51.2%)

 

f:id:US-Stocks:20210210225456j:plain

 

 

次にVOOGです

2018末 150ドルから126ドル(19.0%)

コロナ 190ドルから130ドル(46.1%)

 

f:id:US-Stocks:20210210225751j:plain

 

次にVOOVです

2018末 109ドルから92ドル(18.4%)

コロナ 126ドルから79ドル(59.4%)

 

f:id:US-Stocks:20210210225837j:plain

 

3つ並べて見ると

2018年末

VOO ー19.5%

VOOG ー19.0%

VOOV ー18.4%となりました

 

コロナショック

VOO ー51.2%

VOOG ー46.1%

VOOV ー59.4%となりました

 

言われるほど、バリューETFが下落耐性が強いとは思えません

 

次は2011年以降の配当込みの長期チャート比較です

f:id:US-Stocks:20210210230336j:plain

 

これをみても、ボラティリティーは3つとも同じ位なのに

トータルリターンはVOOVだけ圧倒的に低いです

もちろん今後はどうなるかわかりませんが、過去はこうなりました

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

結論、今のところVOOV(S&P500バリュー株)を買わなくても

VOOでいいのではと思います