FRB、テーパリングの可能性に言及

f:id:US-Stocks:20210526174444j:plain

 

昨日の米国市場は少し下落して終わりましたね

特に材料がなく、上がりも下がりもなかった感じです

NYダウ ー0.24%

ナスダック ー0.03%

S&P500   ー0.21%

米国10年債利回り ー3.46%となりました

 

下は昨日のETFです

GLDが+0.91%、SLV +0.92%と上昇基調ですね

f:id:US-Stocks:20210526175024j:plain

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

セクター別ではエネルギーがー2%、素材がー1.19%と下がっています

 

 

下は1年間のGLDの日足チャートです

1900ドル台に戻すのは5ヶ月ぶりです

特に気になるのがRSIが70を超え、80付近にまで上昇しています

f:id:US-Stocks:20210526175443j:plain

 

 

 

そして最後にFRBがテーパリングについての議論を加速しようとしていると、

ロイターが伝えています

 

サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は25日、

CNBCに対し「我々はテーパリング(量的緩和縮小)の議論について

話し合っていると述べました

またFRBのクラリダ副議長も、「今後の会合で資産購入ペースの縮小議論を

開始できる時が来るだろう」と、述べています

 

jp.reuters.com