高配当ETF(QYLD)への積み立ては2番目に最強な投資法だ❗️

f:id:US-Stocks:20210814111552j:plain

今日は高配当ETFへの長期での投資について考えてみました

 

まず初めにS&P500やナスダック100へのインデックス投資が最強であるのは、

us-stocksもわかっています

短期でも長期でもこれ以上ない投資先です

 

次に高配当株や高配当ETFを見るときに語られるのは、どうしても年間の

利回りです

利回りが減配したとか増配したとか(それも大切)、そこでもう少し長期で

高配当株やETFについて調べてみました

 

まずは下のチャートを見てもらいたいと思います

2015-2021 のQYLDとVTIの長期チャート(配当金を含まない)です

 

f:id:US-Stocks:20210814104022j:plain


そりゃ、そうですよね

圧倒的にVTIの勝利です

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

次は2015-2021のQYLDとVTIの配当金込み(配当金再投資)のチャートです

期間が6年と短いのでなんとも言い難いですが、

QYLD ETFもなかなか悪くはないチャートになっています

 

f:id:US-Stocks:20210814103610j:plain

このようにインデックス投資には敵いませんが、高配当株や高配当ETFも

長い目で配当再投資をしていけば、インデックス投資のような暴落にも強い

チャートに育つと思います

 

 

他のETF(VYM、HDV、SPYD)でも見てみました

配当金含まず

f:id:US-Stocks:20210814104429j:plain

 

 

配当金込み 

f:id:US-Stocks:20210814104441j:plain

 

やっぱり高配当株や高配当ETFは配当金を再投資をし、

長期で複利の力を使っていくことで、インデックスにも負けない強い投資に

なりますね

 

全く上の記事とは関係ありませんが、積み立てている

ニッセイ 世界株式(GDP型バスケット)を、

今月からeMAXISSlim 全世界株式(オール・カントリー)に変更します

週明けに売却し、同額eMAXISSlimを買い付けます

  

理由

同じ全世界で同じ経費率だったのですが、

eMAXISSlim 純資産額 2538億円、買い付けランキング 3位に対し、

ニッセイ 世界株式(GDP型バスケット) 純資産額6.8億円、買い付けランキング 212位

だった為、長期では純資産額や人気であることも重要と思ったため