ジェレミー・シーゲル氏「株式は究極の実物資産である」

f:id:US-Stocks:20210818080912j:plain

おはようございます 天気回復ですね 清々しい朝です

 

今日は全国的に天気が回復し、道路の復旧や河川が落ち着いてもらいたいです

 

17日火曜の米国株式市場は、米国主要3指数

NYダウ ー0.79%

ナスダック ー0.92%

S&P500    ー0.71%となりました

経済指標の小売売上高が予想より低かったため、少し売られましたが

こんなの大したことありません

保有米国株はガッチリホールドで問題ありません

f:id:US-Stocks:20210818081114j:plain

 

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

VWO エマージング・マーケッツ

むしろ心配なのは、中国・香港株です

経済指標とか全く関係ありません

中国共産党が規制をかけなければ上がりますし、規制し始めたら下がります

昨日もー1.80%で50$を切るかもしれません

f:id:US-Stocks:20210818081333j:plain

 

 

米国新規感染者数

確定しました 昨日(火曜)は13万7307人の感染者数でした

f:id:US-Stocks:20210818110710j:plain


 

経済指標

7月 小売売上高 (前月比)

予想ー0.2%に対し、結果ー1.1%でした(前回0.7%)

 

7月 小売売上高・除自動車 (前月比)

予想0.1%に対し、結果ー0.4%でした(前回1.6%)

 

7月 鉱工業生産 (前月比)

予想0.5%に対し、結果0.9%でした(前回0.2%)

 

8月 NAHB 住宅市場指数

予想80に対し、結果75でした(前回80)

 

S&P500 ヒートマップ

f:id:US-Stocks:20210818082313j:plain

 

 

ジェレミー・シーゲル氏はインタビューでまずこのように言っています

『今後5年で弱気相場はやってくるか?』と聞かれたら、私はイエスと答える
『今市場から撤退した方がいいか?』と聞かれたら、ノーと答える

 

これは、氏が10-20%の調整局面がある前に、50%の上昇があると思っているからだと

語っています

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

また氏は一貫して今後数年の高いインフレを予想しています

よって金融政策正常化がかなり進んでも、インフレが高いなら

金融政策は緩和的なままであり続ける可能性が高い

→実物資産である株式で資産を保有するべきだと述べています

 

 

その上で株式を「究極の実物資産」と呼んでいます

株式にはレバレッジがかかっており、借金が内包されている。
現在、借金をすればそれより大幅に価値の小さいお金を返せばいい状態であり、可能な限り借金をするのが有利になる