中国への投資なら❗️「比較」バンガードvsブラックロック

f:id:US-Stocks:20210813114705j:plain
比較シリーズ どっちがいいか検討してみた

 

先日のように急に中国共産党の締め付けがあり、

株価が急落した中国・香港株式市場ですが、

今後長期(20~30年)で考えると、アメリカ1強である可能性に賭けるには

ちょっと期間が長過ぎてわかりません

(今後5~10年ならまだアメリカの株式市場が強いと思います)

 

そこで中国に投資するなら、

バンガード社のETFであるVWO エマージングマーケットETFと

ブラックロック社のEEM エマージングマーケットETFがあったので

2つのETFを比較してみました

 

まずはus-stocksが長期保有で1番大事だと思っている経費率と

純資産総額を見てみました

 

VWO 経費率 0.1%、 純資産総額 1170億ドル

EEM  0.70%、 純資産総額306億ドルと圧倒的にバンガード社の方が低経費率ですし、

純資産総額も約4倍あるのでVWO ETFの方が安心できますし、

長期投資向きです

この0.6%の差は長期になればなるほど、大きいものになってきますね

 

次は中国がどの程度含まれているかです 

VWO 40.2%

EEM   34.88%でした

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

ちなみに構成銘柄上位5位は

VWO

  1. 中国 40.2%%
  2. 台湾 17.6%%
  3. インド 12.7%
  4. ブラジル 6.4%
  5. 南アフリカ 4.1%

 

EEM

  1. 中国 34.88%
  2. 台湾 14.51%
  3. 韓国 13.16%
  4. インド 10.82%
  5. ブラジル 5.13%となっています

EEMの方にだけ韓国が12.88%入っています

かなりの割合ですね(その他のインド、ブラジルなどの国の割合は大差はありません)

 

次は配当金込みの2005年からの長期チャートです 

f:id:US-Stocks:20210813120454j:plain

どちらを選んでもほぼ一緒ですが 

この内容ならより経費率が低く、純資産総額より大きいバンガード社の

VWO ETFがいいと思います

 

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】